シリア、犠牲祭中停戦守られず 10/27

犠牲祭初日、シリアのダマスカス南部のダッフサウク地区にある一般市場を狙った自動車爆弾により、5人が死亡、30人以上が負傷した(Almayadeen、BBC、アルジャジーラ)。
シリアでは、停戦初日の26日から戦闘が止まず、アルジャジーラは活動家情報で26日は92人、27日は69人が死亡したと伝えている。政府軍と反政府勢力は、各々「停戦違反の責任は相手方にある」と非難している。政府軍は各地で爆撃、砲撃を実施している。(エリコ通信社)