エジプト「救国戦線」リーダー、対話を呼びかける

30日、エジプトの「救国戦線」の有力リーダーのひとり、エルバラダイ前IAEA事務局長は自身のツイッターを通じて、「ムルシー大統領と国防相、内相、自由公正党、サラフィー主義会派と緊急会合を開き、暴力を停止し、戦線の提示する条件下で対話を開始するための措置を協議したい」と呼びかけた。(アルジャジーラ)

イスラエル軍、ダマスカス郊外の軍事研究センターを爆撃

30日、シリア国営TVは「イスラエル軍戦闘機がダマスカス郊外の軍事研究センターを爆撃した」と報道した。一方AP通信とロイター通信によると、「イスラエルはシリアからレバノンに向けて国境を超えた車列を爆撃したのであり、車列はヒズボラ向けの対空ミサイルを積載していた」由。
(アルジャジーラ)