仏米露、シリア国民連合と交渉する政府高官のリストを作成中

12日、ファビウス仏外相は「仏・米・露は数週間前から、シリア国民連合と交渉可能なシリア政府高官のリストの作成に取り組んでいる」と明らかにした。

外相は「2年間続く紛争において均衡の実現につながる」として、改めてEUに反体制派への武器禁輸措置の解除を呼びかけた。

(アルジャジーラ)

イラン-パキスタン、天然ガス輸送菅建設開始

11日、イランのアフマディネジャド大統領とパキスタンのザルダリ大統領は、パキスタン向けのイラン産天然ガス輸送菅のパキスタン側での建設開始を宣言した。同計画は過去に何度も延期されていた。米は計画を「制裁違反」とみなし、パキスタンの参加に反対している。(アルジャジーラ、BBC)

アルカーイダ、送還中のシリア政府軍兵士48人を殺害

11日、アルカーイダは、4日にイラク西部のアンバール県でイラク軍に警護されてシリアに送還される途上のシリア政府軍兵士48人を殺害したことを認めた。兵士らは、自由シリア軍が対イラク国境のヤアルビーヤ国境検問所を制圧したことをうけて、イラク領内に逃げ込んでいた。(アルジャジーラ、BBC)

ゴラン高原で拘束の国連平和維持部隊の21人解放

9日、ゴラン高原でヤルムーク殉教者旅団に拘束されていた国連平和維持部隊の隊員21人(全員フィリピン人)が解放された。同日夕方、21人はアンマンに到着し、ジュデ・ヨルダン外相や同国軍幹部らの出迎えを受けた。(アルジャジーラ、BBC)