カテゴリー別アーカイブ: 中東ニュース

シリア情勢 8/24

Almayadin TV、Aljazeera TV、Alarabiya TV、シリア国営TV、ロイター等のサイトにより
情報収集とりまとめ:

– シリア国軍と治安部隊はダマスカス、アレッポ、ハマ郊外、デリゾ​ールなどの地域で武装勢力(自由シリア軍+外国人を含むイス​ラム過激派集団)と衝突。

– フランスの国防相は「仏はシリアの北部に飛行禁止区域の設置を考​えているが、その実現のためには国際同盟が必要。現状ではその同盟がないため困難」と述べた。

– シリア副首相は露で記者会見し、「政府はシリアの問題を解決するた
め、条件なしで対話する。この対話の議題にアサド大統領の辞任を含めることも可能」と述べた。シリア国民評議会(反政府)は「副首相の発表
は政権側のトリックだ。現在の政権とは対話しない」と発表。

– シリア国軍はダマスカス郊外のダライヤとアッサーリ地区を襲撃​。自由シリア軍はダラア県へ至る国道上にある治安部隊の検問所を攻撃。

– ミクダード・シリア外務次官は「日本記者(山本氏)の死亡は悲しい。日本人と遺族に哀悼の意を表する。彼女を殺害したのは​テロリストに間違いない」と述べた。

– チェチェン指導者の息子がシリアのアレッポで死亡した。Rust​um Galaev(24歳・チェチェン戦争のイスラム指導者Rusl​an
Galaevの息子)で、同人はシリアのタウヒード旅団(反政府イスラー​ム武装勢力)のメンバーとして、今年の6月にトルコからシリアに
入国。8月11日から13日の間に起こった衝突で死亡した由。英ガ​ーディアンのレポーターや米ABCのレポーターによると、ウズ
ベキスタンやチェチェンから来た過激派の若いイスラム教徒が反政府​武装勢力に入って、シリア国軍と戦っている。

シリアで日本女性ジャーナリスト死亡 8/20

アルジャジーラの「ムンタサフ・アルヨウム」(午後のワイドニュース)
アルジャジーラは、アレッポのスレイマニア地区で日本の女性ジャーナリストが死亡したと報道、5時30分過ぎにその遺体を映した映像を流すとともに、亡くなったのは山本美香さんであると報じました。

ジャパンプレスの山本美香さんである可能性が高く、痛恨の極みです。