日本では印刷書籍がいまだに重要

アルジャジーラ・アラビア語チャンネルは、12月19日のニュースで、「日本では、電子書籍が普及する中で従来型の印刷書籍がいまだに重要な地位を占めていて、東京の神保町では、数十万冊の本が出品されるブックフェアが毎年開かれている。」と報道しました。