シリア情勢 8/30

– 著名な中東専門英記者ロバート・フィスク(Robert Fisk)は、政府軍による大量虐殺が起きたとされるダマスカス郊外のダラヤ地区に入り、同地区の市民にインタビューした。同記者は「政府軍はダラヤを強襲する前に、自由シリア軍との間で人質の交換交渉に当たったが失敗したため、政府軍は人質を救済するためにダラヤを襲撃した。また、政府軍がダラヤに入る際、道路上には多数の遺体があった。この遺体のほとんどが政府関係者(公務員)であり、自由シリア軍に殺害された人々である。」と伝えている。(インデペンデント紙) 

詳細:
http://www.independent.co.uk/opinion/commentators/fisk/robert-fisk-inside-daraya–how-a-failed-prisoner-swap-turned-into-a-massacre-8084727.html

– シャーム自由人大隊という反政府武装勢力はシリア北部のタフタナーズ地区にあるタフタナーズ軍事空港を砲撃し、駐機中の政府軍用ヘリコプター数機を破壊した。これに対して政府軍は「テロリスト集団による軍事空港への大規模な攻撃を阻止し、テロリストを殺害した」と発表。(アルジャジーラ、Almayadeenなど)

– ダマスカスのハジャル・アスワド地区で政府軍と自由シリア軍の戦闘が勃発。政府軍はダマスカス郊外のジョーバルとザマルカとカブーンを強襲した。(Almayadeen、BBCなど)

– アサド大統領はAddouniaテレビのインタビューで、シリア情勢やトルコなどとの外交について話した。