イスラエルの「入植地決定」に対し、国連取り消しを呼びかけ

イスラエル政府が東エルサレムと西岸地区に入植住宅3千戸の建設を決定したことを受けて、国連は同政府に決定の取り消しを呼びかけた。
一方、英仏は両国に駐在するイスラエル大使を呼び出して抗議。独外務省報道官も入植活動の停止を呼びかけた。
(アルジャジーラ)