イスラエル、故アラファト氏の死因に関する医療報告書の発表を控え、警戒態勢に入る

29日、イスラエルのマアレブ紙は「故アラファト氏の死因に関する医療報告書の発表が近づく中、イスラエルの治安機関が警戒態勢に入った」と報じた。更に、
「アラファト氏は、搭乗機がリビアに墜落(※)し、救助された際に、エイズ・ウイルスに感染した血液を輸血されたのだ」
「ポロニウムが検出された遺品が入った鞄は、その検査前に8年間も夫人の手元にあった」などと主張。
(アルジャジーラ)

※1992年、アラファトの搭乗機はリビアの沙漠に墜落したが、乗員に死者が出る中、軽傷で済んだ。