イラン外相、シリア問題を外国介入なしに解決の呼びかけ

10日、イランのサレヒ外相がエジプトを訪問し、アムル外相、アラビー・アラブ連盟事務局長らと会談した。外相は会談後「欧米メディアや中東域内の『敵』は、スンニ派とシーア派の宗派対立を植え付けようとしている」と述べ、外国の介入なしにシリア危機を解決するよう呼びかけた。
(アルジャジーラ)