アルジェリア、武装勢力に日本人ら外国人が拘束される

アルジェリア国営通信によると、対リビア国境付近の南東部イナメナスで空港に向かう外国人職員が乗ったバスを「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQIM)」の指揮下による武装集団が襲撃し、英人1人とアルジェリア人1人が死亡、6人が負傷した。

治安筋によると、米国人7人、仏人、英人、日本人、アイルランド人、ノルウェー人複数を含む天然ガス施設の外国人職員41人が拉致され、英石油企業BP所有の集合住宅で監禁されている。アルジェリア人の人質は解放された。

同組織はフランス軍のマリでの軍事干渉の停止、アルジェリアに収監されているイスラム組織の解放を要求している。
(アルジャジーラ、BBC)