主要主要6か国協議、イランの濃縮度20%ウラン製造の一時停止を要請

27日、カザフスタンのアルマトイで行われていたイランの核開発をめぐるイランと主要6か国(安保理常任理事国+独)の第4回協議が終了した。

アシュトンEU上級代表は、「協議で主要6か国側が提示した提案に対するイラン側の前向きな回答を期待する」と述べた。6か国側は、濃縮度20%ウランの製造の一時停止を条件とした制裁の一部解除を提案している。

(アルジャジーラ、BBC)