ガザ地区の大学生、ソーラーカーを開発

「必要は発明の母」
ガザ地区・アズハル大学工学部の学生2人が、太陽光パネルを設置したソーラーカーを開発。イスラエルによる封鎖のためガソリンや電気が不足していることが、彼らが代替エネルギーの研究を進める原動力となった。再生可能エネルギーの重要性についての啓蒙も狙っている。
Gaza students build new solar power car
http://www.albawaba.com/…/gaza-students-build-new-solar-pow…

この車だと、轢かれてもあまり痛くなさそうな気がしますね・・・

中東を知る・世界を知る・エリコ通信社ニュース ericoworld.net