タグ別アーカイブ: トルコ

シリア情勢 10/11

– トルコ軍戦闘機は、武器を積載している疑いがあるとしてモスクワ発シリア航空の旅客機をアンカラに強制着陸させた。同機は現地時間の10日夜、ダマスカスへ向けアンカラを出発した。(アルジャジーラ、Almayadeen、BBC)

– オゼル・トルコ軍参謀総長は軍事拠点を視察し、「シリアからトルコ領内への砲撃が続くようならば、より強力に反撃する」と警告した。(アルジャジーラ、Almayadeen、BBC)

– パネッタ米国防長官は「米は、シリアで今後予想される事態に対応するための拠点をつくるべくヨルダンに部隊を派遣した。米国とヨルダンはシリアの生物化学兵器の保管場所を監視し、ヨルダンに流入する難民の人道支援を行う上で協力し合っている」と述べた。一方、ヨルダンは米特殊部隊が国内に存在することを否定した。(アルジャジーラ)

シリア情勢 10/9

– ロイター通信によれば、3日のシリアからの砲弾着弾でトルコ人5人が死亡して以降、トルコ軍は6回目のシリア領内の軍事拠点攻撃を行なった。新たなトルコへの攻撃に
対する報復である旨、トルコ高官が確認した。(アルジャジーラ)

– トルコのギュル大統領は、「シリアは最悪のシナリオの1つをたどっている」と指摘し、シリアが更なる混乱に陥る前の国際社会の介入を求めた。一方、エルドアン首相は「シリアとの戦争は望んでいないが、その準備はしている」と述べた。(アルジャジーラ)

シリア情勢 10/4

– トルコの対シリア国境地帯(シャンルウルファ県)ではシリアからの砲撃でトルコ人5人が死亡、9人が負傷した。トルコ政府は「報復として、シリア領内の標的を爆撃した」との声明を発表した。シリア政府は「同件を調査している」としており、理性に基づき行動するよう近隣諸国に呼びかけた。(アルジャジーラ、BBC)

– 3日朝発生したアレッポのサアダラ・ジャベリ広場での3回の自動車爆弾攻撃では、市民と軍兵士の49人が死亡、120人以上が負傷。(アルジャジーラ、Almayadeen、BBC)

– レバノンのヒズボラは「東部バールベック近くのナビー・シィートにある弾薬庫で爆発が発生し、3人が死亡した。弾薬庫には古い砲弾などが保管されていた」と発表した。(アルジャジーラ、BBC)