タグ別アーカイブ: パネッタ米国防長官

シリア副外相「シリアに化学兵器はない、軍事介入は大惨事を招く」と警告

6日、パネッタ米国防長官は「アサド政権が化学兵器の使用を検討しているとの極めて憂慮すべき情報を得ている」と述べた。
これに関して、ミクダード・シリア副外相は「シリアは化学兵器を持っていない」、「米欧諸国は化学兵器問題を将来の対シリア軍事介入を正当化するために利用している」と非難し、「軍事介入は大惨事を招くだろう」と警告した。
(アルジャジーラ、Almayadeen、BBC)

シリア情勢 10/11

– トルコ軍戦闘機は、武器を積載している疑いがあるとしてモスクワ発シリア航空の旅客機をアンカラに強制着陸させた。同機は現地時間の10日夜、ダマスカスへ向けアンカラを出発した。(アルジャジーラ、Almayadeen、BBC)

– オゼル・トルコ軍参謀総長は軍事拠点を視察し、「シリアからトルコ領内への砲撃が続くようならば、より強力に反撃する」と警告した。(アルジャジーラ、Almayadeen、BBC)

– パネッタ米国防長官は「米は、シリアで今後予想される事態に対応するための拠点をつくるべくヨルダンに部隊を派遣した。米国とヨルダンはシリアの生物化学兵器の保管場所を監視し、ヨルダンに流入する難民の人道支援を行う上で協力し合っている」と述べた。一方、ヨルダンは米特殊部隊が国内に存在することを否定した。(アルジャジーラ)