タグ別アーカイブ: 人質

サハラ砂漠からのメール

サハラ砂漠からのメール

20日、FBを通じて、貴重な情報をくれるアルジェリア南部の青年政治家に対し、アルジェリア当局がテロに断固とした姿勢を示したことを支持し、敬意を表すると伝えておいたところ、夜になってこれに対する返信があった。示唆に富む情報であるので、本人の許可を得て、以下にそのままを訳出した。

兄弟へ

 この作戦の重大さ、特にその治安情勢や経済、社会、政治面での影響の大きさを考えるとき、貴殿のように寛大な理解を示す人は少なかろうと思う。私は、ここに全ての犠牲者に対し哀悼と同情の念を表したい。今現在も、「多国籍テロリストグループ」が残した地雷の撤去の困難さのために、ご遺体が発見されつつある過程にある。重要ないくつかの点を指摘したい。

1)武装勢力は、投降と人質の解放を拒み、治安部隊側に、包囲を解いて外国人人質と共に逃走できるよう道を開けろと要求していた。マリへ逃げ込み、同国の戦争に人質で影響を与えるためである。従って、強行解決はとり得る唯一の手段であった。

2)アルジェリア当局が沈黙を守ったのは、武装勢力が大量の武器で武装していたため、その捜査上、秘密性が重要であったからだ。リビアやチュニジアに武器庫がある可能性があった。秘密裏に武装勢力の侵入経路を辿った結果、チュニジア南部に大量の武器を隠匿している武器庫が発見された。

3)私達の住むインサラ(アルジェリア南部)は、マリ及びニジェールとの国境が近く、カダフィ政権の崩壊以来、不安定な治安状況の中で暮らしている。私達の地域には現在も稼働中の天然ガス施設が3つあり、外国人が多く居住しているが、400人以上いた彼ら外国人労働者は、それ以来国外退去を余儀なくされた。それぞれの天然ガス施設は、今回攻撃を受けた施設と同じ規模のものだ。その上更に3つの施設が建設途上であるが、その建設を監督する外国人が去り、労働者は解雇されてしまった。この面でも、問題は残されたままだ。

4)問題の根本原因はフランスがもたらしたと言える。NATO軍と共にカダフィ体制を崩壊させたのはよいが、リビアに混乱をもたらしただけで、カダフィの武器庫に多数収蔵されていた武器の管理をおろそかにした。このため、武器はあらゆる方面に拡散し、テロ組織はいともたやすくそれを手にすることができた。その上で、仏はマリに軍事介入し、トワレグ族とテロリストの区別をすることなく攻撃した。

メールは以上である。

なお、冒頭に述べた「アルジェリア当局の武力解決を支持する」私の立場というのは、何も相手の機嫌を取ろうということで述べたのではない。人命尊重の観点から、武力行使がやむを得ない場合に限られるべきことは無論であるが、最後には、テロの被害を食い止める決断が迫られるのは仕方のないことである。英首相も、当初アルジェリア当局の姿勢に不満を示していたが最後には、「責められるべきは卑劣な犯罪を起こしたテロリストであり、治安部隊ではない」との立場に変わったと報じられた。米国務省も同じだ。すべての事情に思いやりをめぐらせれば、誰もアルジェリア軍を非難することはできないはずである。このことは、現地の空気を吸って帰ってこられる若い政務官も肌で感じたであろう。聞いてみたいものである。

-この小稿を、日本アルジェリア友好の仕事なかばにして早逝された、故渡辺伸大使に捧げる- (J)

「アルジェリア人質事件」日本人犠牲者が9人に

アルジェリア南東部、イナメナスの天然ガス施設で発生した人質拘束事件では、人質48人と過激派武装勢力の32人が死亡していたことが明らかにされた。

20日のアルジェリア政府の発表によると、日本人の犠牲者は9人に及んでいるが、まだ、多くの行方不明者の消息がつかめていない。

(Reuters、アルジャジーラ、BBC)

「アルジェリア人質事件」関連映像

20日、エリコ通信社は、アルジェリアの情報源より、アルジェリアのテレビが放映した映像のYouTube版のアドレスを入手しました。

二番目のものは、悲惨な遺体の映像であり、視聴されないことをお勧めします。

アルジェリア当局が押収した武装勢力の装備品
“http://www.youtube.com/watch?v=Otvx8ohz3fc”

人質と思われる人々の遺体
“http://www.youtube.com/watch?v=KQ7BET6gEfo”

アルジェリア、武装勢力に日本人ら外国人が拘束される

アルジェリア国営通信によると、対リビア国境付近の南東部イナメナスで空港に向かう外国人職員が乗ったバスを「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQIM)」の指揮下による武装集団が襲撃し、英人1人とアルジェリア人1人が死亡、6人が負傷した。

治安筋によると、米国人7人、仏人、英人、日本人、アイルランド人、ノルウェー人複数を含む天然ガス施設の外国人職員41人が拉致され、英石油企業BP所有の集合住宅で監禁されている。アルジェリア人の人質は解放された。

同組織はフランス軍のマリでの軍事干渉の停止、アルジェリアに収監されているイスラム組織の解放を要求している。
(アルジャジーラ、BBC)