タグ別アーカイブ: 空爆、中東和平

ガサ地区の爆撃継続、14日以降の死者102人に

イスラエル軍は19日、ガザ地区各地を100回にわたって爆撃し、パレスチナ人38人が死亡した。

ブルジュ・シュルーク地区では空爆によりイスラム聖戦の軍事部門「エルサレム部隊」のラーミズ・ハルブ指揮官他1人が死亡し、7人負傷。報道機関各社の事務所が入る建物が2度目の爆撃を受け、記者複数が火災により建物内に閉じ込められた。

14日以降、爆撃は1450回を数え、計102人が死亡、約850人が負傷している。(アルジャジーラ)